お知らせ

6月の子どもたちの様子

 今年は早い梅雨入りで、なかなかすっきりしない天気の日が続いていますね。
 そんな中、ほしざき保育園ではプール開きが行われました。前日お昼寝から起きると、天白川に住んでいる”カッパのカースケ”から手紙が届き、期待いっぱいの子どもたち。
 当日は子どもたちの呼ぶ声に”カースケ”とお友達の”女神さま”が登場!びっくりして泣けてしまう子もいるかな?と思っていましたが、みんなニコニコうれしそうに手を振っていましたよ。そして、カースケがプールのお手本を見せてくれるのですが…あれあれ?女神さまに「ダメだよ!」と注意されています。子どもたちと一緒に「カースケ何がいけなかったかな?」と考えながら、『①体操をして、シャワーを浴びてからプールに入る、②プールサイドは走らない、③プールに入る時は階段から、④プールのふちには座らない』というプールでの約束を確認しました。
 お手本を見せてもらった後はカースケと女神さまからのプレゼントが!”水が大好きになる魔法の水”をかけてもらって、”魔法の薬”を食べて…「プールを頑張る力がもりもりわいてきた!」とやる気いっぱいの子どもたちでした。

 またプールが終わるころに、泳ぎが上手になったかカースケが見に来てくれるとのこと。それまで安全に気をつけながらたっぷりプールを楽しんでいきたいなと思っています。

このページの先頭へ