お知らせ

6月の子どもの様子

 梅雨に入り、ジメジメした暑さが続いていますね。そんな中、ほしざき保育園ではプール開きが行われました。前日お昼寝から起きると、天白川に住んでいる”カッパのカースケから”から手紙が届き、期待いっぱいの子どもたち。

 当日は水着に着替え、みんなで準備運動をしてカースケを呼びました。はじめてのカースケに固まるにじ、そら組。嬉しそうなほし、たいよう組の子どもたちでした。続いて女神さまも登場しました。泳ぐのが大好きなカースケとプールに入る時のお約束①プールに入る前にシャワーでお尻を綺麗に洗うこと。②プールに入る時は階段を使うこと。③プールの周りを走り回らないこと。④プールの縁に座らないこと。⑤水の中でふざけて友だちを押したり危ないことはしないことを確認しました。⑤は今年からお約束の中に追加されたのですが実際にカースケが職員をプールの中で押してふざけると子どもたちはびっくり!!!立ち上がってプールを覗く子が大勢いました。

 プールに入るお約束をみんなで確認した後、カースケの得意な泳ぎを見せてもらいました。また、カースケと女神さまからお水が大好きになる『魔法の水』と『魔法の薬』のプレゼントが…!『魔法の水』はにじ、そら組は手に、ほし、たいよう組は頭にかけてもらいました。子どもたちは顔を見合わせ嬉しそう。その後キラキラしている『魔法の薬』も食べて「なんかお水が大好きになってきた気がする!!」と子どもたち。プールへの期待もぐんぐん高まっています。そんな中、カースケと女神さまとお別れ。でもプールが終わるころに、泳ぎが上手になったかカースケが見に来てくれるとのこと。それまで安全に気を付けながらたっぷりプールを楽しんでいきたいと思っています。

このページの先頭へ