保育園の紹介

ほしざき保育園

☆子育て支援センターだより☆

【支援センター7月の様子】



〈支援センタースケジュール〉



☆ センターは、「デイサービス星崎」の3階にあります。外階段からおあがりください。あそび場は、ほしざき保育園の横(西側)にあります。

☆0歳児の日は28年4月以降のお誕生日の子どもたち対象です。

☆電話での相談も受け付けております。10:00~15:00です。(052-613-0098)栄養士・看護師に相談されたい方はお知らせ下さい。

☆8月の相談日は、2日(木)9:30~10:30になります。

☆水分補給のためお茶やタオルなど必ずご持参ください。お茶やミルク以外は飲食禁止です。




保育内容 - 保育の特徴・大切にしていること

  • 人間として「生きる力」の土台をしっかりとつくります。
  • あそびや実体験の中で、生きた知識や知恵を育て、感動したことを言葉や美術を通して表現する力を育てます。
  • 自己肯定観をじっくりていねいに育み、「自分の生命」「他者の生命」を大切にできる保育をしています。
  • 子育てのパートナーとして、保護者と保育園と共に子育てについて学び、考えます。

事業内容

規模定員 120名
保育対象年齢 0歳(産休明け)~6歳
保育時間 午前7時~午後10時
実践内容 産休明け保育・産休明けから就学前までの一貫した保育・延長保育・休日保育・障害児保育・アレルギー給食・産休明け・育休明け保育所入所予約事業・地域子育て支援センター「レンガのおうち」

6月28日

「プールびらき!カースケと女神様がきたよ」

昨日カースケから「あしたおよぎをみせにいくね」「おともだちつれていくね」と手紙が届きました。

子どもたちは「明日カースケくるって!」と期待いっぱい!!そして今日カースケと女神様が登場すると大喜び。

ちょっとこわくて泣いてしまう子もいましたが、保育士と一緒に見ました。

カースケと女神様からプールの入り方やプールでのお約束を教えてもらい、その後お水と仲良くなれるお水とお薬をもらいました。

そのおかげで「げんきがわいてきた!」と子どもたち。各クラスにわかれてプールに入り、ワニ泳ぎをしたり、プールの中で歩いたり、走ったりして楽しみました。

 その後、子どもたちにプールびらきのことを聞きました。どのクラスの子どもたちも、「カースケさ、ころんじゃったよね。走ったらいかんよね。」

「おくすりくれたから、カースケみたいに泳げるよね。だからいっぱい食べよ!」といつもよりたくさん給食を食べました。

ほしぐみ(年中)の子どもたちは、女神様からお水をかけてもらうと「あ!なんかね、力がわいてきた!と目を輝かせていました。

たいようの子どもたち(年長)は、カースケの足跡が人間の足跡だと発見!さすがたいようぐみさんです。カースケがとっさに足の指を

ギュッとしてなんとかなりました(笑)よくみていますね。プールではバタ足や顔つけワニ泳ぎを楽しみました。今年のプールも皆で楽しくやっていきます。

7月に入り本格的にプールがはじまりました。ワニ泳ぎ、顔つけワニ泳ぎ、伏し浮き、イルカジャンプとひとつひとつできるようになることが

次への自信になっていきます。夏のおわりには、またひとまわりたくましくなった子どもたちに出会えることでしょう。

ほしざき保育園の子どもたち、そして保護者のみなさん、入園進級おめでとうございます。

1つ大きなクラスに進級した幼児の子どもたちは、大きくなった喜びでいっぱいです。

自信に満ちあふれ、何をするにもはりきっている姿がとてもステキです。

乳児の子どもたちは、慣れない環境にちょっぴり戸惑いつつも、楽しそうなおもちゃに興味津々、期待いっぱいのようです。

さて、今年度は0歳児クラスから5歳児クラスまでの、新しいお友だちを迎えました。

どの年齢の子でも、はじめは不安な姿を見せるかもしれません。でも、そんな気持ちに寄り添いながらも、

早く子どもたちの笑顔でいっぱいになるように、一人ひとりの子どもたちを、大切に保育していきたいと思います。